第22回ヨーロッパスポーツ科学会議

ドイツのエッセンで開催されていた第22回ヨーロッパスポーツ科学会議 (Annual Congress of the European College of Sport Science) にて、博士課程後期課程の鳥取伸彬さんが、

“EFFECT OF PLYOMETRIC TRAINING ON SPRINT PERFORMANCE IN PREADOLESCENT BOYS”
というタイトルで口頭発表しました。
(口頭発表は写真撮影禁止のため、会場での個人撮影のみ。。)

 

また、同学会にて、博士課程前期課程の片本裕大さんが、

“EFFECT OF LONG-TERM RESISTANCE TRAINING AND PROTEIN SUPPLEMENTATION ON INTRAMYOCELLULAR LIPID CONTENT IN HEALTHY YOUNG SUBJECTS”

というタイトルでポスター発表を行いました。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。