APPL1に関する論文が掲載されました

博士後期課程の木戸康平君の論文がAmerican Journal of Physiology-Endoに掲載されました。

インスリン刺激によるAkt活性および糖代謝の制御に関わっていると考えられるAPPL1の筋内での発現制御、糖尿病で低下しているAPPL1発現がレジスタンス運動によって糖代謝と共に改善すること、など多くのデータを提示しています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。