安田純さんの研究が「J Nutrition」に原著論文として掲載されました

若年者を対象とした12週間のレジスタンス運動による介入で、1日の総たんぱく質摂取量が充足していても、朝食でのたんぱく質が不足し、朝・昼・夕食のたんぱく質の配分が不均等だと、筋肥大が抑制されることをJ Nutritionで報告しました。
筋トレ期間中はしっかり朝食でたんぱく質を摂取しましょう。
この報告は安田純さん(現在JISS研究員)の博士論文の研究です。
論文はオープンアクセスで、無料でダウンロード可能です。

関連記事

  1. D3の高村裕介さんの論文がNutrition Researc…

  2. 阿藤聡さんの論文がPhysiological Reports…

  3. J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo)に論…

  4. 鳥取伸彬さんの研究が「Physiol Rep」に原著論文とし…

  5. 朝食のロイシン量は高齢者のレジスタンストレーニングによる筋肥…

  6. D2の阿藤君の論文がPhysiological Report…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。