Frontiers in Physiologyに原著論文が掲載されました

寝たきりなどの極度の不活動(本研究ではギプス固定に近い後肢懸垂による筋萎縮モデル)後もレジスタンス運動に伴う筋肥大効果は変わらない、という動物実験の結果をFront. Physiol.で報告しました。
阿藤聡くん(現名古屋工業大学・特別研究員)の博士論文の研究です。
新型コロナウイルスの影響による自宅待機による筋萎縮も、運動を再開すれば(きっと)取り戻せます!
https://www.frontiersin.org/article/10.3389/fphys.2020.00469

関連記事

  1. 小学生向けオンライン運動イベント開催

  2. 高齢者運動教室説明会

  3. 国際シンポジウムを開催します

  4. ランニングクリニックが開催されました(12/28)

  5. 市民公開講座を開催しました

  6. 【小学4〜6年生募集】8週間の運動教室を実施します。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。