コーヒーと健康

新型コロナウイルスの影響で自宅待機が続き、リモートワークをされている方々は家での飲食が増えているのではないでしょうか?

仕事をしながらコーヒーや紅茶を飲む頻度も増えたかもしれません。今回はコーヒー好きの方々に関係する研究報告を紹介します。

ドリップコーヒー派 vs. エスプレッソ派

20万人以上の成人男女を対象とした調査で、ドリップコーヒーの摂取は死亡率を15%抑制したのに対して、フレンチプレスなどのフィルター不使用のコーヒー飲料の摂取(9杯以上)は心疾患による死亡率を逆に9%増加する、という研究結果が報告されました (1)。エスプレッソ類の好きな方も多いかもしれませんが、飲み過ぎには注意が必要かもしれません。

高カカオチョコレートとコーヒーは相性が良い?

コーヒー(カフェインの有無にか関わらず)の摂取は、甘みに対する感受性を増加し、苦みに対する感受性を抑制する、とするFoodsの報告 (2)。カカオは健康に良いという研究結果も報告されていますが、高カカオのチョコレートは苦みが強くて苦手、という方も多いかもしれません。そういった苦い高カカオチョコレートも、一杯のコーヒーと一緒だと美味しく食べれるかもしれませんね。

文:藤田聡

引用文献

  1. Tverdal, A., R. Selmer, et al.: Coffee consumption and mortality from cardiovascular diseases and total mortality: Does the brewing method matter? Eur J Prev Cardiol. 2020 [Epub ahead of print].
  2. Fjaeldstad, A.A.-O. and H.M. Fernandes: Chemosensory Sensitivity after Coffee Consumption Is Not Static: Short-Term Effects on Gustatory and Olfactory Sensitivity. Foods. 2020 Apr 14;9(4).

関連記事

  1. 日光浴でビタミンDを補充しよう

  2. リンゴとコレステロール

  3. 進化が止まらない最新家電の功罪

カウンター

 

累計

本日

昨日

FACEBOOK

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。