進化が止まらない最新家電の功罪

全自動洗濯乾燥機・食洗機が進化し、ロボット掃除機も浸透しつつある現代。洗濯・食器洗い・掃除などの家事の負担で軽減されると期待されています。私も最新家電を揃えるため、コツコツとお金を貯めております。

功:自由に使える時間ができる

一番の恩恵はなんと言っても、「自由に使える時間ができる」だと思います。洗濯をする、食器を洗う、掃除機をかける。慣れてしまえば効率よくスムーズに行えるが、それでも毎日となると人生の中で相当な時間を割かれてしまいます。そこで最新家電を導入することで、自由に使える時間を手に入れることができ、その時間を自己投資や家族との時間に充てることができます。共働きが増え、導入しようと思っている方も多いかと思います。

罪:消費カロリーの低下

残念ながら、最新家電の導入には罪となる面もあります。それは、「消費カロリーの低下」です。洗濯物を洗濯機から運んで干す、食器を洗う、重たい掃除機をひたすら前後させながら部屋中を歩き回る。家事を自分の手で行うと、これらのような行動によってカロリーを消費することができます[1]。しかし、最新家電を導入することで、家事によって消費できていたはずのカロリーを消費する機会を失ってしまいます。

自身の家事中の消費カロリーを計算してみたい方は、このサイトで確認してみてください。https://keisan.casio.jp/exec/system/1524790043

まとめ

最新家電に変えることで、自由に使える時間が手に入れることができます。しかし、せっかく手に入れた時間を、座ってテレビを見る、ゴロゴロする、といった時間に割いてしまうと、最新家電の功よりも罪の方が大きくなってしまうかもしれません。

文:中野大輝

引用

[1] 厚生労働省, 健康づくりのための身体活動基準2013, 2013.

クリックして2r9852000002xpqt.pdfにアクセス

関連記事

  1. リンゴとコレステロール

  2. 日光浴でビタミンDを補充しよう

  3. コーヒーと健康

カウンター

 

累計

本日

昨日

FACEBOOK

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。