鳥取伸彬さんの研究が「Physiol Rep」に原著論文として掲載されました

ポスドクの鳥取 伸彬さんの研究が、「Physiological Reports」に原著論文として掲載されました。

一般的に、各関節の最大トルク(回転力)は体積や横断面積などの筋サイズによって決定されることが明らかとなっています。この研究論文は、思春期前児童の膝関節を対象に、筋サイズだけでなく、回転軸から作用点までの垂直距離であるモーメントアームも最大トルクと関連することを明らかとしました。さらに、モーメントアームは固有筋力(単位筋横断面積あたりのトルク)とも関係性が確認されました。これらのことから、思春期前児童において、モーメントアームは膝関節伸展トルク発揮における重要な要因の1つであることが示唆されました。

Nobuaki Tottori, Tadashi Suga, Miyuki Hori, Tadao Isaka, and Satoshi Fujita. Impact of moment arm on torque production of the knee extensors in children. Physiological Reports, 8(17), e14521, 2020.
https://physoc.onlinelibrary.wiley.com/doi/10.14814/phy2.14521

論文はオープンアクセスで、無料でダウンロード可能です。

関連記事

  1. 朝食のロイシン量は高齢者のレジスタンストレーニングによる筋肥…

  2. 蒔苗君の論文がプレスリリースされました

  3. D2の阿藤君の論文がPhysiological Report…

  4. 吉居尚美さんの論文が「Nutrients」に掲載されました

  5. 宮竹将さんの研究が「Biochemistry and Bio…

  6. J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo)に論…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。