宮竹将さんの研究が「Biochemistry and Biophysics Reports」に原著論文として掲載されました

1型糖尿病モデルの動物への急性のL-シトルリンの投与は、一酸化窒素(NO)産生を介して筋組織への血中物質の送達量を増加することを、博士後期課程の宮竹さんがBB Repで報告しました。

本論文はオープンアクセスで以下のリンクからダウンロード可能です:

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2405580821002430

関連記事

  1. D1の木戸君の論文がPhysiological Report…

  2. 朝食のロイシン量は高齢者のレジスタンストレーニングによる筋肥…

  3. 蒔苗君の論文がプレスリリースされました

  4. 鳥取伸彬さんの研究が「Physiol Rep」に原著論文とし…

  5. 阿藤聡さんの論文がPhysiological Reports…

  6. D2の阿藤君の論文がPhysiological Report…

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。