安田純さんの研究が「Dietetics」に原著論文として掲載されました

若年者を対象とした調査で、夕食から就寝までの時間が短いと、入眠潜時が長くなり、寝付きの悪さから睡眠の質に悪影響を及ぼす可能性があることをDieteticsで報告しました。
【論文のポイント】睡眠の質向上のためにも、夕食は早めに済ませましょう。
論文はオープンアクセスで以下のリンクからダウンロード可能です:

関連記事

  1. 阿藤聡さんの論文がPhysiological Reports…

  2. D2安田純さんの研究がNutrition Researchに…

  3. 宮竹将さんの研究が「Biochemistry and Bio…

  4. J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo)に論…

  5. 吉居尚美さんの論文が「Nutrients」に掲載されました

  6. 池戸葵さんの論文がNutrientsに掲載されました

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。