朝食のロイシン量は高齢者のレジスタンストレーニングによる筋肥大に影響する

高齢者の筋トレによる筋肥大は食事中の必須アミノ酸量と相関を示し、特に朝食での必須アミノ酸(特にロイシン)が不足している場合、筋肥大効果に悪影響を与えることを、博士課程の吉居尚美さんが J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo)で報告しました。
全文ダウンロード可能です。

J-STAGE Articles – Relationship between Dietary Protein or Essential Amino Acid Intake and Training-Induced Muscle Hypertrophy among Older Individuals

関連記事

  1. 宮竹将さんの研究が「Biochemistry and Bio…

  2. 鳥取伸彬さんの研究が「Physiol Rep」に原著論文とし…

  3. 阿藤聡さんの論文がPhysiological Reports…

  4. D2安田純さんの研究がNutrition Researchに…

  5. 蒔苗君の論文がプレスリリースされました

  6. 池戸葵さんの論文がNutrientsに掲載されました

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。